うつの夫に恋してる?!

~ イライラしない!うつな夫を支える妻のブログ ~

うつ男くんの食事療法 ~ぷちグルテンフリーその①~

 

うつ男くんの体調改善をはかるべくして始まった食事療法。

ありがたい事に医師監修のもと続行中です!

この食事療法の目的は、腸内環境を整えること。

ものすごくザックリ言うと、

腸内環境の改善=うつの改善

ということなのです。

そのために腸内環境を悪化させる食べ物を止めて、特別なサプリメントを摂って腸内を整えるという作業をコツコツとしています。

その腸内環境を悪化させる、ものとして

砂糖、小麦、乳製品、植物油脂の4つが代表格なんだとか。

ということで今回は小麦抜き生活のお話。

 

 f:id:jinseinanakorobiyaoki:20200122002333p:plain

 目次

 

ジョコビッチグルテンフリーで体質改善!

 

そういえば、数年前からよくテレビとかネットとかでグルテンフリーって聞きますよね。

小麦の害も知らなければ必要性も感じていなかった私は他人事だったのですが。

でもやるからには自分で理解してから始めたい!

実際ネットで検索すると、色々な方が小麦のもたらす影響について語っていました。

こちらは分かり易くコンパクトに書ているのでオススメです。

https://www.businessinsider.jp/post-164187

(あなたのその不調、原因はグルテンかも。3週間和食中心にして体調を「観察」してみよう)

 

色々見て、一番興味が持てたのはプロテニスプレイヤーのジョコビッチ選手の経験。

グルテンフリーを始める前は体調に関する問題が色々あったようです。 

皮膚のかゆみ、鼻づまり、慢性的な腹痛、プレイに集中できないなどなど…。

でも、グルテンフリーを始めてから劇的に体調が良くなって世界王者にまで登りつめたそうです!!

まあ、我が家は世界王者は目指していないですが、うつ男くんにはカタツムリのような生活から人間らしい生活までは登りつめてほしいものです。

 

ぷちグルテンフリーで身体に変化が!!

 

やや半信半疑で始めたグルテンフリー生活。私自身今まで散々小麦製品を口にして生きてきました。だけど大きな病気もしてないし、生活に不便も 感じていなかったのでなんか意味あるんかい?!と思っていました。

でも、実際生活から小麦製品を追い出してみると…結構色んな変化があったのです。

私は医者でも専門家でも何でもないのでエラそうなことは言えないんですが、ぷちグルテンフリーをすることで自分達の身体に起きた変化をご紹介したいと思います!

  • 肌荒れの改善

我が家はぷちグルテンフリー生活を始めていたにもかかわらず、一時パン屋さんの「パン耳」にハマっていたことがあるんです。

夫がそのことについて書いているので興味のある方はどうぞ。

https://blog.hatena.ne.jp/jinseinanakorobiyaoki/jinseinanakorobiyaoki.hatenablog.com/edit?entry=26006613447366989

*1

当時2歳と0歳のムスメたちはしょっちゅうギャーギャー泣いたりわめいたりで。

そんな時の助っ人がパン耳さま

ムスメたちにパン耳さまを手に持たせた瞬間、我が家につかの間の静寂が訪れます。

ホントつかの間なんですけどね、それでもありがたい!!

だから毎日、時には一日に2,3回登場させたりしていました。

でも1週間くらい経ってからでしょうか、ムスメたちの顔に赤い斑点が3、4か所ポチポチっとでてくるではありませんか。

なんだろう、にきび?食物アレルギー?ダニ?

いやいや心当たりは…一つしかない。パン耳だ!!!

完全に母親の勘なので信ぴょう性はないのですが。

でも他に原因が見当たらない!ということで試しにその日から小麦制限を強化。

するとどうでしょう、2週間経過したところでで赤い斑点がすっかりきれいになくなりました。

幼い子供たちの身体の中から赤い斑点を生み出すとは…小麦おそるべし。

  • 頭痛の改善

20代半ばから悩まされていたのがこの片頭痛睡眠不足や疲れが溜っていたり、低気圧がくると頻繁に片頭痛がやってきていました。

頭痛って地味に嫌なんですよね。つい眉間にしわ寄せちゃうし、全てのやる気を奪われる。

対処法と言えば、とりあえず早く寝るとか頭痛薬を飲むとかその位。

これはもう加齢のサインなんだわ。体質みたいなもので、しょうがないことなんだ。

ずっと諦めていました。

でもぷちグルテンフリーを始めてから、(シュガーフリーも)頭痛が全くなくなったんです!どんなに睡眠不足でも、台風が来ていても、頭痛が起こらなくなったんです。まさに目からウロコでした。

  • 鼻炎の改善

わたしは春夏秋冬関係なく、風邪をひいているわけでもないのにしょっちゅう鼻水出していたんです。

以前病院でアレルギーの検査をしてもらいましたが花粉症もないし、その他のアレルギーも全然ない。

…じゃあなんなのさ!

まぁ世の中には科学では証明できないものがまだ沢山ありますからね。

きっとこれも体質なんだと勝手に思っていました。

でも、ぷちグルテンフリーと共に鼻炎さえも落ち着いていたんです。

我が家のうつ男くんは大の菓子パン好き!結婚する前からその兆候はありました。

「今日夕飯何食べたー?」

「薄皮あんぱん5個。」

「…それっておやつに食べるやつだよね?」

結婚後も、必ず仕事帰りに自宅の最寄り駅近くのスーパーで菓子パンを2個程度購入し、帰路5分の間に完食。

甘い香りを身にまとい、唇は油でテカテカ。パンが入っていた袋は自宅のゴミ箱に捨てるという詰めの甘さゆえに毎日わたしに見つかるうつ男くん。

「今日はリンゴデニッシュだったんだね~」

「・・・(;´・ω・)」

どれだけ身体に良くないとか、その分貯金したらどんなにすばらしいことができるかとか色々プレゼンしましたが、効かず。

本人曰く、これはもうどうしようもない、止められないんだと。

私も他に特別趣味にお金をつぎ込んでいる訳じゃないからいいかな…とも思いました。

でもうつ男くんだってやるときはやります!!ぷちグルテンフリー生活が導入されてからコンビニとスーパーには寄らない!買わない!!と決意。するとどうでしょう、あんなに渇望していた菓子パンが段々気にならなくなり、3食の食事で大分満足できるようになってきたではありませんか!

小麦には依存性があるようです。

https://www.bookbang.jp/article/521160/3?all=1

*2

 

まずは少し減らしてみて!

 

グルテンフリーは身体にいいってことは分かったけど、無理だよ無理無理!

と思う方多いと思います。

私もうつ男くんからこの食事療法の導入についてプレゼンを受けた時、一番難しいなぁと思ったのがこの小麦断ちでした。

だって、小麦ですよ。

うどん、ラーメン、そうめん、パン、パスタ、ピザ、オートミール、ホットケーキ、お好み焼き、ケーキ、クッキー、天ぷら、フライ、餃子などなど…

現代人の生活って、なんでも小麦じゃん。

でも、少し意識すれば今より減らすことは可能ではないでしょうか。

例えば、

 

毎日朝食はパン → 米粉パンにしてみる

洋菓子が好き → 和菓子に 変更

うどん → そばに変更

昼食は大体麺類 → 週に2回までにしてみる

とかです。

グルテンフリーをすることでうつが治った!とは言えませんが、以前よりも自分をコントロールしやすい身体に向かっているということは間違いないでしょう。

完璧にやろうとすると苦しくなりますし、人との交流に支障がでますから、ぷちグルテンフリーを名乗るくらいが丁度いいかなと個人的には思います。

うつを支える家族やパートナー自身がより健康になって、支え続けられるのが最大の魅力のグルテンフリー。

是非一歩足を踏み出してみることをオススメいたします(^^)/

 

今日もここまで読んで下さってありがとうございます。

 

*1:パン耳とボク

*2:「大好きなパン」があなたの疲労と病気を作っていた!